サラリーマン(正社員)の副業ばれる?ばれない? サラリーマンが副業するにあたって

ネット副業したいけれど、会社が禁止している…収入をもっと増やしたいあなたは必見です。会社に副収入を隠す方法とは!?

サラリーマン(正社員)が副業するにあたって

当サイトをご覧になっているあなたはネットビジネス(ネット副業)でさらに収入を増やし、裕福な生活に憧れていると思います。

ですが、サラリーマン(正社員)のあなたには会社でのルールがあると思います。

世の中には副業禁止の会社もあります。

でも…

現状の給料に満足いかない…
現状の給料では生活を維持するのに精一杯…
家や車などを購入したいけど、お金が貯まるどころか出ていくばかり…

と嘆いている方が多いと思います。

正社員の方ならまだしも、アルバイトや派遣社員の方は、貯金をすることは難しいのではないでしょうか。

サラリーマンの副業が大変人気を集めています。

サラリーマンのあなたがネットビジネスで成功する(収入をあげる)為にネットビジネス(ネット副業)するにあたって知っておきたいことをまとめました。

会社員が副業する前にまず就業規則を確認

会社員の方は、まずは自分の会社の就業規則を確認しましょう。

「会社の許可なく副業をしてはならない」

などの副業を禁止する規則があるかもしれません。

懲戒処分の対象となる場合がありますから注意しましょう。

副業は会社にばれる?ばれない?

まず、副業がばれる経緯について説明していきたいと思います。

日本国では、2箇所以上から給与(収入)がある場合、主とする給与以外の年収が20万円以上なら確定申告をする必要があります。

主とする給与を受けている方で年末調整し、そして翌年の3月に源泉徴収票をもとに両方の収入を合算して確定申告します。

そして、役所はその申告結果から住民税を割り出し主とする会社に副業分も合算して住民税を通知してしまいます。

ここで、会社の経理が「むむむ」と気づいて副業がばれて最悪リストラということになります。※住民税は、通常は給料から天引きされます。

という風な流れで、会社に副業をしていることがばれてしまいます。では、どうすることもできないのかというとそういうわけでもありません。

それでは、会社に副業をばれないようにするための方法を紹介していこうと思います。

会社に副業をばれなくする方法

多くのサラリーマンの場合には住民税は給与から天引きとなっています。

これは住民税が特別徴収と呼ばれる徴収方法になっているためです。

ですから普通徴収という徴収方法にすれば自分で住民税を支払うことが出来るようになりますので会社に通知がいかないので知られることはありません。

この部分にチェックをし忘れると特別徴収となり会社に徴収額が行くことになりますので気を付けておきましょう。

私が紹介するネットビジネスは・・・

インターネットを利用した副業では、アルバイトなどとは違い自宅でできる副業となりますので、気をつける点さえ押さえておけば会社にばれることはありません。

私が紹介するビジネスがばれない理由

・自宅で誰とも顔を合わせることなく稼ぐことができる
・完全匿名でできるので、あなたと特定することができない
・収入をコントールできる(20万以内)

気を付けたい点

・実際に稼げるようになったとき、会社の人に自慢しない

気を付けたいことと言えばこの程度で決して難しいことではないので、シンプルに考えもくもくと副業に専念することは可能です。

まとめ

この記事では、サラリーマン(正社員)の方が副業をするに当たっての不安を解消するため書きましたが、最後にまとめを書きます。

副業を会社にばれないようにするためには…

・副業での年収を20万以内に抑える
・確定申告するさいに、副収入分の住民税は自分で支払うようにする
・他言無用(信頼のできる友人のみにしましょう)

今の世の中、サラリーマンの年収では、なかなか自由にお金を使うこともできず、不満のある生活を送るパターンの人生を歩む人が多いです。

わたしの紹介するインターネットビジネスを成功させ、より良い生活を送りかっこいいパパ、信頼できる夫、老後も心配なしのゴージャスな人生を共に歩むことができたらなと思います。

愛佳(まなか)にメッセージを送る

この記事に関する質問や相談事があれば下記の「愛佳にメッセージを送る」をクリックしてください。

「愛佳(まなか)さん、こういうところが不安ですが…」

「愛佳(まなか)さん、もっとこういうところが知りたいのですが…」

などなどなんでも大丈夫です。

あなたの不安や疑問をすべて払拭します。

お問い合わせ、相談、ご意見は無料ですのでお気楽にメッセージを送ってくださいね。

愛佳(まなか)にメッセージを送る←クリック

上記のリンクをクリックして、お問い合わせページが開かれますので、そこにお名前、メールアドレス、題名、内容をカチカチと打ち込んでチェックボックスにチェックをいれて送信ボタンをクリックしてください。

基本的に48時間以内にあなたのメールボックスに届くように返信します。

「わからないことがあればまずは聞く!」これを実行できる人とそうでない人では結果を出すまでのスピードにかなりの差が出てきます。

ですので、忘れずにメールを送ってきてくださいね。

本日は最後までご閲覧いただきありがとうございました。

愛佳(まなか)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*